FileMaker用フレームワーク試用版

Newrich FrameWork for FileMaker 19

ファイルメーカー用フレームワーク試用版

当試用版は、フレームワークを使って実装されたアプリケーションの動き、画面インタフェースをご確認をいただくのが目的です。設計内容(関数、スクリプト、データベースやレイアウトの定義など)をご確認いただくことはできません。設計コンセプト等は当フレームワーク の紹介ムービーをご参照いただきますようお願いいたします。(紹介ムービーは2020年8月中旬より、テーマ別に順次公開を進めております。)

下記に、利用にあたっての手順を簡単に示しますので、操作感やユーザインタフェースのご確認をよろしくお願いいたします。

利用開始の手順

前提事項

    • お使いのパソコンに、FileMaker Pro 19 がインストールされていることを確認してください。

ファイルの配置

    • FrameWork.fmp12、および、 FrameWork_data.fmp12 の2ファイルを合わせて任意のフォルダに配置してください。

起動とログイン

    • FrameWork.fmp12 の方のファイルを起動します。
    • アカウント名、パスワード ともに、user を入力してログインしてください。

マスターの確認

    • 初期画面の下部にある歯車アイコンをクリックすると、各種マスター管理のポータル画面が表示されます。
    • 最初は「組織のマスター」から自社の名称等を入力してください
    • その他は任意で登録・確認ください。

*上記、”user”アカウントは、マスター登録や伝票登録が許可されてた権限を付与されていますが、管理情報の更新や設計権限はありません。

(試用版ということもあり、詳細の情報は省略いたします。)

操作にあたってのヒント

  • 画面の上部に、現在の機能名やレコード番号、レコード数などの情報が表示されます。
  • 画面の下部に、画面進行やレコードの保存等の操作ボタンを配置しています。
  • リスト画面上にある鉛筆アイコンで詳細情報が表示されます。
  • メニューの中の「マスタ」から各種マスタ画面を直接起動ができます。
  • また、「操作」から各種出力などの操作が可能です。操作メニューの中のコード検索は、会社コードと品目コードにカーソルがある際に有効です。

動画による機能紹介も行っております

YouTubeによるNewrich FrameWork紹介ムービー

 

無料 – 購入

お問い合わせContact

商品やサービスについてのご相談、ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

06-6226-7831

受付時間 9:00 〜 18:00